アーティスト

カミーユピサロ - 絵画の簡単な伝記と説明

  • 生年月日: 1830年7月10日
  • 死亡日: 1903年11月13日
  • 国: フランス

経歴:

カミーユピサロ (1830-1903) - 最も古い印象派。デンマークにあるアンティル諸島の小島セントトーマス島の港湾都市で、ハードウェアディーラーの家族に生まれました。 1841年、両親はフランスのPassy Collegeで勉強するために11歳のカミーユを送りました。彼が戻ったとき、彼は港の彼の父親の店で働き始めました。従順な息子は5年間愛されていない出来事に従事していました。
1850年代初頭に、彼は彼の影響の下でデンマークの芸術家メルビーと友達になり、憎しみのある貿易を投げ、そして1852年に彼はベネズエラの首都カラカスに行きました。 1854年に、ピサロはセントトーマスに戻りました、しかし1年後に彼は今、永遠にフランスへ出発しました。そこで彼は美術学校に入る。彼の芸術家としての発展は、CorotとCourbetに大きく影響されました。
モネと彼の作品に精通して、彼は彼から色分解の原理を借りました。芸術家が彼の先生から得たすべての技術、ピサロは仕事で使用することができた。
1866年から彼のパレットはますます明るくなり、彼は熱心に太陽の光を透過して空気を塗ることを学びました。同時に彼はヘラで書き始め、大きな「明るい」ストロークで形の感覚を伝えました。その結果、彼は彼自身のしっかりしたそして自信に満ちた芸術的なスタイルを作成しました。


カミーユ・ピサロの絵画

Côtede Beaufポントワーズ近く
耕地(耕地)
赤い屋根冬の素朴なコーナー
ヴェルサイユからルーヴェセンへの道
Voisinの村への入り口
アネリからポントワーズまでの古い道。霜
1873年セルフポートレート
Montfuco近くの収穫
果樹園が咲いています。春
ロッドを持つ少女
私の窓から見る
ルーアンの橋Boaldieu。夕焼け霧
ルアーブルのアバンポート。堤防スアモン
雨の天候でモンマルトル大通り
ポンロイヤル&フラワーパビリオン
ディエップの聖ジャック教会