オーストリアの絵画

"大聖堂I"、Friedensreichフンデルトヴァッサー - 絵画の説明

  • 作者: Friedensreich Hundertwasser
  • 博物館: ウィーン美術館
  • 年: 1951
  • 画像をクリックすると拡大します

写真の説明:

大聖堂I​​ - Friedensreichフンデルトヴァッサー。 1951年。水彩画。 67×50 cm

ご存知のように、Friedensreich Hundertwasserは彼の人生の多くを旅してきました。彼は教科書やマニュアルを信頼しなかった、それゆえ彼は世界が実際にもっとよく勉強されたと信じていた。彼の旅行では、彼はまたインスピレーションの源を見て、芸術の彼のスタイルへの魅力的な方法として旅行を考えました。芸術家がどこへ行っても、彼はいたるところで建築を研究しました、そして、その単調さにしばしば不快に驚かされました。
1950年代の初めに、フンデルトヴァッサーはモロッコを訪問し、そこで彼はその国で最大の帝国の都市のひとつ - マラケシュを訪問しました。そこでは、建築家は地元のアトラクションの一つ、アーメドアラウの家に打たれました。芸術家はこの建築物に対する彼のビジョンを残しました。もちろん、実際の構造を持つ写真の正確さでさえ検索を始めるべきではありません - フンデルトヴァッサーは彼の世界観のプリズムを通してすべてを見ました。
そして周囲の世界の認識における中心的な要素は色でした。芸術家の芸術的および建築的原則の一つは、人々は同じ家に住むべきではなく、自分の家を好きなように塗装し装飾する権利を与えられるべきであると言います。マラケシュを歩いていると、Friedensreichは色の組み合わせに驚きました - 赤い土、赤い土の壁、緑色の陶器のタイル。芸術家はAhmed Alaouiの家とSt. Stephenのウィーン大聖堂を比較した。それ故に絵画の予想外の名前 - 「大聖堂I」。
この作品の色数はいくつかわかりました。中間調なし、ただ純粋な色。絵の意図的な平面性、構成の単純化された構造、そして鮮やかな色のために、絵はイーゼル絵画のもう一つの人工物ではなく、石とガラスで作られた奇妙なモザイク(ガラス要素で構成される建物の屋根)は注目を集めます。
フンデルトヴァッサーは古典的な形式と典型的な要素の反対者でした。彼は周りのすべてを変えようとしただけでなく、彼はすべてを少し違った方法で見ました。絵画 "大聖堂"はあなたが過去世紀の最も法外な建築家の一人の目を通して世界を見ることを可能にします。そしてこれがその主な価値です。

Hundertwasserによる他の絵画

30日目
愛を待つのが痛い
雪の中の家
屋根の窓
プロット1
十字架
星の影