オーストリアの絵画

希望、グスタフ・クリムト、1903年

  • 作者: グスタフ・クリムト
  • 博物館: カナダ国立美術館(オタワ)
  • 年: 1903
  • 画像をクリックすると拡大します

写真の説明:

希望 - グスタフ・クリムト。 1903年

1903年に、クリムトは書いた 「希望」 (カナダ国立美術館、オタワ)、世紀の変わり目の終末論的期待への反応にもなりました。しかし、この反応はやや楽観的です。赤毛の女性が全身で提示されています - 今回は妊娠していたNuda Veritasによく知られています。
作品の一番上には、「敵対勢力」の歪んだ苦痛の嘆きと人間の頭蓋骨があります - 死の兆候です。彼らは彼女の後ろの女性に非常に近いですが、彼らは彼女の子宮の中に隠されているものによって踏みにじられるでしょう。ここでは、キリスト教のテーマと、世界に救い主を生み出した神の母のイメージとの類似が示唆されています。しかし、希望の図は売春婦から書かれた、この状況は順番に、アーティストの倫理観に光を当てます。

グスタフ・クリムトの他の写真
彼女
Friderikaマリアビールの肖像画
ゴールデンアデレ
マーガレットストーンボロ - ヴィットゲンシュタインの肖像
三歳の女性
ヌードトゥルース
セレナレデラーの肖像
音楽II
音楽
Don CarlosとしてのJoseph Lewinsky
愛してる
Unterach、アッターゼー湖の邸宅
キス
ベートーベンフリーズ
ダナヤ
ジュディスとホロフェルネスの頭
死と命
Sonny Knipsの肖像
いのちの木