オーストリアの絵画

1936年、オスカー・ココシュカ、プラハのカレル橋

  • 作者: オスカー・ココシュカ
  • 博物館: ナショナルギャラリー(プラハ)
  • 年: 1936
  • 画像をクリックすると拡大します

写真の説明:

プラハのカレル橋 - オスカー・ココシュカ。キャンバスに油彩。 94×128

1934年、オスカー・ココシュカという有名なオーストリア人芸術家、チェコは国籍により、祖先の故郷であるプラハに移りました。広い川のほとりに沿って自由に伸びる旧市街の美しさ、その教会や宮殿の素晴らしさは、旅をした主人に強い印象を与えました。彼は熱心にチェコの首都の見解を書いた。
この写真では、ココシュカはプラハの最も印象的な名所の1つ - カレル橋を描いています、14世紀に戻って深いヴルタヴァ川に投げられます。印象的な方法で働いている画家は、明るい青、緑、オリーブグレーの色調のパレットを通して、空の青、庭園の緑、そして古代の建物の古代の石を反映した川の印象を伝えます。表現力豊かにダイナミックなストロークを描く、輪郭が震える、ピンクがかったハイライトがちらつき、感情的に豊かな雰囲気が漂います。プラハのクレムリンを一望できるパノラマの風景は、壮大な幅と微妙な震えの感じで書かれています。

Oscar Kokoschkaによる他の絵画
赤い卵
風の花嫁
Hans TietzeとEric Tietze-Konrat