オーストリアの絵画

妊娠中の女性と死 - エゴンシーレ

  • 作者: エゴンシーレ
  • 博物館: ナショナルギャラリー(プラハ)
  • 年: 1910
  • 画像をクリックすると拡大します

写真の説明:

妊娠中の女性と死 - エゴンシーレ。キャンバスに油彩

「すべての人が死んでいる」(Alles is lebend tot)、オーストリアの芸術家は言った エゴンシーレ。この言葉の意味は、この世のすべての生き物が自己破壊の種であり、人生は生まれ変わる前の死のみであるということです。しかし、この不可避的な死は地球上のあらゆる存在に囲まれ、後者の明るさを高めるだけです。彼の作品の多くでは、画家は健康と病気の間に明確な境界がないこと、そして生命の向上と死の接近は全く反対のプロセスではないことを示すように努めました。
1910年に彼は婦人科診療所で多くのスケッチを描いた。妊娠中の女性は芸術家にとって人生(2つの人生 - 母と胎児さえも)の一致と死の脅威の一種の象徴であった。美しさと醜さ、善と悪、痛みと喜びが目に見える世界にとどまるように、濃くて明るい、明るい赤と黒のカラーパッチが彼のキャンバスに共存しています。死、病気、苦しみ、シーレの意識の悪化、人生と美の価値観。

エゴンシーレの他の写真
自画像、1914
ヴァレリーノイツェルの肖像
苦悩