記事

村のセミブラトヴォ美術館でbaklushiを開きました


村セミブラトヴォで最近ヤロスラブリ地域に位置しています バクルシ美術館がオープンしました。すべての美術館の訪問者は、斧でブランクを作ることからそれらを乾燥させること、そしてそれらを作ることまでの全製造工程を完全に経て、自分でバクルシャを作ることを試みることができます。多くの人がすでに「バクルシとは何でしょう?」という質問をしたことがあるでしょう。
はじめに baklushaは木のスプーンです。ロシアは古代からロブスターの生産で有名です。伝説によると、7人の兄弟がセミブラトヴォの村に住んでいました、そして、彼らはロブスターケースを設立しました。
ロシアの古い表現」バングラッシュ「ナンセンスをする」または「何もしない」という意味は、人が彼のbaklushi(スプーン)を手に取って手のひらで叩いたときに古くから行われたことです。昔は、バックルはベルトからの房とも呼ばれていました。
セミブラトヴォのバクルシ美術館にて あなたは暖かくそして元気に歓迎されるでしょう。この博物館に加えて、それは訪問者がその準備の古いレシピについて学ぶことができて、そして試みることさえできるジャムの博物館を開くことが計画されています。