記事

カザン美術館で第6回ジャズフェスティバル


すでに 第6回カザン美術館 海外からの音楽祭にゲストを歓迎します。今度はそれは名前を運びます」サンデツキーマナーのジャズ「今年は、プログラムは非常に豊かで、アメリカとヨーロッパの2つの方向のジャズが発表されます。コンサートは、毎週木曜日に市の中心部で開催される8回の公演で構成される予定です。絵画館があります。
最初はアメリカからのゲスト - グループ "ワールドトリオ"になります。このグループのメンバーは長い間ジャズを演奏しています、そして彼らはこの音楽の繊細さをすべて知っています。彼らの作曲ではロシア語を含むジャズの様々な方向を聞くことができます。 Enver Izmailov(ウクライナ)、2つのモスクワのアンサンブル - "Therr Maitz"と "Marimba Plus"、Andrei Kondakov、Olga SkepnerとOleg Anokhin(全ロシア)、チーム "New York Quintet"(米国)があります。
しかしそれだけではありません。訪問者はまた、このフェスティバルの枠組みの中で整理されて展示されている芸術の傑作を見ることができるでしょう。主催者は、Ivan Shishkinが180歳になったことを忘れていませんでした、そしてこのフェスティバルもこの日にちに合わせています。